独立社長紹介

株式会社 ミリオングラッド
代表取締役
髙見 誠人(タカミ マコト) 42歳

GHPに入社した理由を教えて下さい。

一言で言うと、企業理念(GHPコンセプト)に強く魅かれたと言うのが1番の理由です。学生時代にスキー部に所属していた事もあり、レジャーやリゾートなど非日常的な事に興味があり、当時、漠然とリゾートプランナーになれたらいいなぁと思っていました。また、学生時代、京都市内のあるホテルでアルバイトをしていた時、尊敬できるマネージャーと出会えた事も大きな要因のひとつかもしれません。当時、そのホテルへの就職もありがたい事にお誘い頂いたのですが、自分の夢にチャレンジする道を選び、いつか、私の作ったホテルでその方を逆に呼べる位になり、もう一度一緒に仕事が出来たらいいなぁと思っていました。残念ながら、その方はもうご高齢で引退なさってしまいましたが、24歳の私にGHPの企業理念がベストマッチし、正直、ここしかない!ここなら、ホテルが作れる!ここが私の最後の会社だ!と求人誌の紙面に運命を感じ、絶対にここに入ってやる!と心に決め応募した事を今でも覚えています。

GHPに入社後、やりがいに感じたことを教えてください。

逆にやりがいを感じない事が全くないです。やること全てに於いて自分の中でやりがいを持って取り組んでいる…とも言えますが、どうせやるなら楽しみながらやる!って言った方が正しいかもしれません。自己の性格上、「負けず嫌いな飽き性」な性格ゆえ、常に飽きずに自己のモチベーションを維持する為に、物事全てに自分なりに楽しめる目標を設定しています。例えば、これを何時までに終わらなければ昼ごはん抜き…とか…。ですから、やりがいを感じない事は無いです。あえて特にやりがいを感じた事をあげるとすると、やはりオープニングやリニューアルを任された時は、気合が入りますが、自分の中で、仕事に大小はない!どんな事でも常に完璧に近づける!と心に言い聞かせていますので、飽き性な性格が顔を出さないように、「理想は究極を…目標は一歩先を…」を自己テーマに取り組み続けられる環境を頂いている事が1番のやりがいなのかもしれません。

独立支援プロジェクトで独立され、良かったと思っていることを教えてください。

先の内容とかぶりますが、「理想は究極を…目標は一歩先を…」を自己テーマに取り組める環境を頂けてる事が1番でしょうか?究極の理想に、また一歩近づけた事が何より良かった事だと思っています。そして、私の夢の実現にも、また一歩近づけた事も…。入社以来、任された仕事の中で、自分で試してみたい事や、やってみたい事がたくさん積みあがって来ています。アイデアとして温めているものも多く存在します。それらを試す機会がまた一歩近づいたと思うとワクワクが止まりません。多くの課題もあり、逆に頭を悩ませる事も多くなりましたが、そう言った思い通りに行かない環境もまた、楽しく感じています。そして、何より共に苦労してくれるスタッフやその家族、共に切磋琢磨し苦楽を共にしてきた来た仲間に、より良い指針や環境を示せる可能性が広がった事もすごく良かったと感じていますし、良かったと思えるようにしないといけないとも考えています。

今後のビジョンを教えて下さい。

全ての人が感嘆する究極のホテルを作る!勝手にプレジャーコンプレックスホテルと名付けていますが、単なるレジャーホテルではなく、シティーホテルでも、ビジネスホテルでも、リゾートホテルでもなく、旅館・ペンション・民宿・今あるカテゴリーでは括れない、訪れる人全てが楽しいと思ってもらえる様な究極の理想が詰まったホテルを作る事が夢です。それを実現するには、その前にやらなければいけない一歩先の事が多くあります。今よりももっと真心のあるお遇しを出来る様にならないといけないですし、もっと綺麗な客室空間を提供できるようにならないといけないですし、もっとおいしい料理を提供しないといけない、今よりももっといい施設にしないといけないなど、私一人だけがそう思っていても実現出来ませんので、スタッフ全員に伝え、同じ目標に取り組み、実現に向けて一歩でも二歩でも近づきチャンスが訪れた時に具現化出来る環境を目指して行きます。

最後に、GHPに入社を検討している後輩に一言メッセージをお願いします。

個人的に、GHPにはチャンスの神様が存在すると思っています。あきらめず、継続的にチャレンジする精神を持ち続けられる方なら、必ずチャンスの神様が微笑んでくれるでしょう。よくサッカーの試合で、勝利したチームの方が勝ちたいと思う気持ちが強かったなどのコメントを聞く事がありますが、GHPも同じです。「気」を持ち続け、その準備をする事で、多くのチャンスを得、同時に多くの成果、多くの成長、多くの経験を得る事が出来ます。GHPの施設の集客は、同規模の一般的ホテルの3~4倍はあると自負しています。つまり、3~4倍の速度で自己が成長できる可能性を秘めているのです。単純に、同級生が10年かけて習得するスキルがGHPでは3年程度で習得できる計算です。人生の1/3以上を消費するお仕事を、どうチョイスするか?よく考え選択して下さい。締めくくりに、学も財も能力も無く「気」しか無かった私にとって、すごくいい会社です。