先輩社員詳細
宮嵜 貴史

【新卒採用】
宮嵜 貴史(ミヤザキ タカフミ)

所属部署名:株式会社GHP 中部エリア
役職:スーパーバイザー
最終学歴:中村国際ホテル専門学校 ホテル科
入社年:2008年
年齢:25歳

業務内容はどのようなものですか?

現在、私は21室の店舗を担当しています。業務内容としては様々ありますが、ほぼ全ての業務がお客様の喜びに繋がるものです。「快適な空間」、「美味しい料理」をお客様に提供する為にスタッフ全員でお客様に良いものを提供出来る環境を作っていく事が一番の業務だと思っています。年齢に甘えてはいけませんが、まだまだ若輩者で年長者のスタッフを引っ張って行ける所までは達していません。だから、店舗のスタッフと一丸になって共に動くことが大切だと思っています。客室の細かなチェックや店舗改善点などをお客様の気持ちになって考え実行していくのが日々の業務です。

GHPに入社した理由を教えて下さい。

学生時代、福岡の店舗でアルバイトをしていました。その時の上司が熱心に仕事について、サービスについていつも語ってくれていました。「自分も上司のような人になりたい」と思い、それがきっかけで会社説明会へ参加したのですが、みんな前向きで元気でそれに伴う良い空気感が伝わりGHPの一員になりたいと強く思いました。それから就職するのならこの会社しかないと思い、就職活動はGHP1本に絞っていました。それから5年経ちましたが後悔する事無く日々業務を行っております。

仕事をするにあたってのあなたの信念を教えて下さい。

「一生懸命」です。入社した理由のところに「会社説明会へ参加したのですが、みんな前向きで元気でそれに伴う良い空気感が伝わりGHPの一員になりたいと強く思いました。」と書きましたが、一生懸命やればその空気感も伝わると思っています。例えばスタッフとのコミュニケーションにしても口だけでなくその空気感も伝われればより一層コミュニケーションが取れると思います。また、私が「一生懸命」やってるのをサポートしてくれるスタッフ、お取引先様に感謝の気持ちを込めて「一生懸命」やって答えるのが私の信念です。

あなたの今後のビジョンを教えて下さい。

「今、目の前にある事を一生懸命する。」「一生懸命やっていれば色んなチャンスがある。」これらは尊敬する上司から頂いたアドバイスです。今現在、今後のビジョンを問われると具体的ではないのですが、前記したアドバイスを念頭におき、ひとつひとつのチャンスを手にして知識やノウハウを今まで以上に広げ、今よりワンステップ上がった業務、仕事を行っていきたいです。今一番の目標は、年に1回ある表彰で全国90店舗あるうちの1番である「最優秀店舗賞」をチーム一丸となり受賞することです。

最後に、GHP入社を検討している後輩に一言アドバイスをお願いします。

新卒採用・中途採用・年齢など一切関係なく、たくさんのチャンスを与えてくれる会社です。実際、私が初めて店舗を任されたのは21歳のときでした。力不足も多分にありましたが、厳しくも温かい先輩方がしっかりと教えてくれました。少しでもGHPに興味持った方は、まずはどんな形でも良いのでGHPの社風に触れてみて下さい。きっとこの雰囲気が伝わってくると思います。チャンスが多い事の対極には決して楽ではないという事もありますが、自分自身で得ることの出来るスキルや経験、ノウハウは多いと思います。