先輩社員詳細
山口 清一郎

【中途採用】
山口 清一郎(ヤマグチ セイイチロウ)

所属部署名:株式会社GHP 九州エリア
役職:ストアディレクター
入社年:2009年
年齢:32歳

業務内容はどのようなものですか?

レジャーホテルの運営は、一般的なホテルのように宿泊部、料飲部、営業部と分かれていません。プロデューサーとしての私の仕事は、宿泊、料飲、営業すべてを統括するマネジメントを業務です。営業、接客、経理、人事、設備管理、お取引先様との交渉、業績向上の為の新規提案等、レジャーホテルを運営していく中での業務上全てのことを行っています。業務の幅が広いので入社当初は分からないことばかりでしたが、OJTを中心とした教育カリキュラムに従って学んできました。スタッフの突然の休みや突然のトラブルもありますが、店舗を任せてい頂いているという喜びを感じながら、来店して頂いた全てのお客様に満足して頂ける・喜んで頂ける施設創りを目指し運営・管理をしています。

GHPに入社した理由を教えて下さい。

ホテル運営という大きな仕事に魅力を感じました。若いうちから店舗管理者という責任ある仕事を任され、ホテル運営というとても大きな仕事に直接携わる事の出来る職場というのは中々ありません。その中で自身がどのように成長し、どのようなホテル創りが出来るのか、という点に大きな魅力を感じていました。また長期に渡る研修制度があるという点にも大きな魅力を感じました。まったく別の業態からの中途入社だったので大きな不安はありましたが、研修・支援制度があるということで不安は一蹴されGHPで頑張ろうと思いました。

仕事をするにあたってのあなたの信念を教えて下さい。

何事も楽しむ事です。仕事をしている一瞬一瞬も自分の人生を生きているということなので、同じ時間を過ごすなら嫌な気持ちのまま過ごしたくありません。いつでもポジティブ思考でありたいと思っています。例えば、忙しい時、つらい時に落込んでいても周りを暗くするだけですし、つらい局面であっても仕事をしていなかったら、経験する事でそれを糧に自分を成長させる事が出来ると思えばありがたい事です。仕事は張り合いを感じて働きたいと思っています。何事も楽しいと思える働き方を信条にしています。

あなたの今後のビジョンを教えて下さい。

店舗の新規出店等に関わって行きたいと思っています。ホテルを一からスタートさせるための経験、知識、センスと言ったスキルは、私にはまだまだ足りないものがあります。このビジョンを達成するためには、今任せて頂いている店舗で管理職という立場から、自分色のホテルを創りを目指し、人材の教育や管理の他、業績向上のための新規提案等、ホテル運営に関わる全ての業務を通し自身の成長へ繋げて行かなければならないと思います。仕事が認められてはじめて次のステップへ進む事ができると思っています。前職は配送業で段ボールを積み上げていました。コツコツ積み上げることは得意だと思っていますので、一歩ずつ階段を上って行きます。

最後に、GHP入社を検討している後輩に一言アドバイスをお願いします。

弊社の良い所は、何にでも挑戦出来るところです。自分がこのホテルをどうしたいか、ちょっとした思いつきでも、しっかりとした理由や根拠があれば実現できます。発信力のある方には、最高の職場環境だと思います。もちろん新規提案は非常に難しいです。しかしそれがOKになった時やその企画でお客様が喜んでいらっしゃる姿を見た時の喜びは非常に大きいです。仮に失敗しても、自分が提案した企画ですので自然に反省ができるので良いことだと思います。それまでのプロセスをしっかりおさらいし、「次はこうしよう」「このデータも揃えよう」等、自らフィードバックしていくので成長も一段と早いと思います。